www.tanakachiro.net

簡単に言えば、任意保険とは強制保険の自賠責保険とは異なり、自賠責保険の範囲内でカバーされない補償をしてもらえる大切なものです。この任意保険。自賠責保険の上級保険として役に立つものですので、自賠責保険でまかなえる支払いの限界を超えたときに働きます。さらに、自賠責保険には物的損害については保証されていないので、物に対する損害をまかなうのであればさらに任意保険にも加入するのがいいと思います。現段階で任意保険を支払っているクルマを売却する際は、日本の車とかイタリア車ということは関係なく、残っている分が返金されます。これは国産メーカーの車を売るケースでも例外ではありません。自賠責保険は、普通はそのままにしておくのが常識になっていますが任意保険というものは誰もがかけるものではないので契約解除ということになります。そして中途解約したあとは既に 支払い済みの残存金額が返還されるのです。クルマの売買が決まった場合でも即保険を解約するというのはリスキーです。勿論、すぐに契約解除してしまえばその分還付されるお金は増えますが自動車買取のお店が離れた場所にあり、自分で運転していくようなケースでは、任意保険に入っていない状態で運転をしなければなりません。万が一のことに備えて、絶対今後自ら車の運転をしない状況になるまでは保険の解約をされないようにしてください。クルマを売却して、またすぐに新たな車を買うケースでしたら構わないと思いますがもしも車に乗らない状況が続き任意保険に加入している意味がなくなってしまったら任意保険に入っていない時間が存在する場合過去に継続していた任意保険の等級が下がり保険料の額が上がります。そういったような場合では「中断証明書」というものを出してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」を使えば、最長10年は解約前の保険の等級を継続することができるのです。さらに、13ヶ月以内ならば出してもらうことができますから仮に既に中古車を手放していて「中断証明書」というものを発行されてもらっていない場合は保険代理店にそのことを伝えてください。もしも新しくクルマを買うことになって、前に持っていた自動車を買取してもらう場合は、契約は一方のみのです。任意保険の契約し直しになりますから、乗らなければなれないクルマであれば処分の際まで注意が必要です。それから任意保険というのは車の種類など次第で価格が違ってきますから、自動車買い取りのさいは任意保険の保険料を検討するチャンスでもあります。

Link

Copyright © 1996 www.tanakachiro.net All Rights Reserved.