www.tanakachiro.net

破産申請での手続きによると申請する人は第一に申立書を申請人の住所地を担当する地裁へ送ることが基本です。申立人からの申立書が届くと裁判所は破産の決定をするのが望ましい要因があるか否かといったことを審査する流れになり、審理の結果申立人に返済不能の状態などといった自己破産受理の要因が備わっている場合破産申立の認定が下されるというわけです。けれど、認可がくだされても、それだけだと借入がなくなったことにはなりません。さらに免責の判定を申請することが必要です。免責とは破産の手続きの上で支払いすることができない申し立て者の返済責任に対しては、裁判所がその責任を免じるというものです。簡単に言えば負債額をゼロに戻すことです。免責でも自己破産申請の承認の手順と同じで審査がなされて診断の終了後、免責の許可がおりた場合は申立人は負債から自由になることになるので債務額は消滅となるわけです、そうして住宅ローンやクレジットが利用停止になることを除いて、破産者の受ける不便から放たれることになるのです。なお、免責不許可(義務を帳消しにしない)の判断がなされると負債および自己破産認定者が被る困難は残ることになることは避けられません。破産に関する法律の免責システムは避けられない理由で多重の借金を抱えて苦境に立たされている債務者を助けるためにある制度です。というわけで、資財を秘匿して自己破産の進行をしたりするなど司法に対し偽造の文書を送るなどの体制を悪用しようとする人や賭け事やショッピングなどの散財で債務を作ってしまった人間の場合、その自己破産の申立て過程を削除したり免責扱いが不許可となります。破産法では、免責の認可を手に入れることが認められない原因をさっき挙げた場合の他にも数例用意してあってその事由を免責の不許可の事由といっています。

Link

Copyright © 1996 www.tanakachiro.net All Rights Reserved.